CfSHE Gallery

Archive (EN)   アーカイブ(日)

2018

2018年レジデンス成果展<アドバンスD>

(English follows)

会  期  2018年10月21日(日)- 27日(土)
開廊時間  13:00-17:00* 23日(火)は休廊
会  場  CfSHEギャラリー 東京都千代田区外神田6-11-14 3331アーツ千代田 B109
入場無料

国際木版画ラボにて本年度実施されている5つのレジデンスプログラムから、夏期に開催された「アドバンス・プログラムD」へ参加したアーティストのMI-LAB寄贈作品をご紹介いたします。時期尚早訪れた梅雨の天候にも親しみつつ、5週間にわたって富士山のもとで木版画を研鑽した海外出身の木版画作家たち。和装本や道具のメンテナンスなどにも挑戦した多忙なプログラムの中、それぞれのテーマに沿った作品を完成させました。その成果をぜひご高覧ください。
参加アーティストは英語版文末をご覧ください。

Advanced Program D Exhibition

CfSHE Gallery presents printing works created and donated to MI-LAB during “Advanced Program D”, one of the Artist-In-Residence held in summer season among the total five residence programs of this year.
The participated artists struggled in Mokuhanga for five weeks with fighting, but with affection toward, rainy season arrived quite early this year, and managing to complete their own work with creative themes even in busy schedules of the program included both Japanese bookbinding program and tool maintenance technique.

Information
Date:     From October 21st to 27th, 2018
Opening hours: 13:00 – 17:00* Closed on Tuesday 23rd
Venue:    CfSHE Gallery – 3331 Arts Chiyoda room B109, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo
Admission Free

出展アーティスト/Exhibiting artists
Ann Kavanagh アン・カヴァナ
Daniel Streck ダニエル・ストレック
Endi Poskovic エンディ・ポスコヴィッチ
Stella Ebner ステッラ・エブナー
Jennifer Lim ジェニファー・リム
Julie Deanne Strasheim ジュリー・ディアンヌ・シュトラスハイム


2018年レジデンス成果展<ベーシックA>
MI-LABコレクション展 長月編

(English follows)

会  期  2018年9月22日(土)- 28日(金)
開廊時間  13:00-17:00* *22日(土)・23日(日)は19時まで 会期中無休
会  場  CfSHEギャラリー 東京都千代田区外神田6-11-14 3331アーツ千代田 B109
入場無料

本年度最初のレジデンス・プログラムであるベーシック・プログラムAに参加したアーティストの作品を、過去のMI-LAB寄贈作品と共にコレクション展としてご紹介いたします。
稲が長くなり実りを祝う9月。MI-LABでも今年度最初の実りであるレジデンスでの成果作品を過去のMI-LABへの寄贈作品から選抜した作品と共にご紹介します。外国のアーティストによる木版画表現は、浮世絵に始まる多色水彩摺りの枠にとどまらず、モノトーンや独特の色の組み合わせ、あるいは抽象と具象、またその中間のような定義しがたい作品にあふれています。写真は自ら和紙工場へ赴き、染めた繊維の色を作品の背景とした興味深い作品です。ぜひご高覧ください。
参加アーティストは英語版文末をご覧ください。

Basic Training Program A Exhibition
Exhibition from MI-LAB collection – 2018 September Edition

CfSHE Gallery is pleased to show the prints created during this year’s our first residency program “Basic Training Program A”, together with selected work from MI-LAB archives.

In Nagatsuki, the old name of September which means long rice plants, they celebrate harvest of rice.
We celebrate this month with a part of our collection rich of variety which demonstrate possibilities of Mokuhanga technique in two (and some transitory between) confronting concepts: from monotone to multi color & from figurative to abstract.
You will also find curious research in paper making with visualizing fibers of Kozo as a figurative image.

Information
Date:     From September 22nd to 28th, 2018
Opening hours: 13:00 – 19:00 on Sat. and Sun.
       13:00 – 17:00 from Mon. to Fri.
       Open throughout the exhibition period
Venue:    CfSHE Gallery – 3331 Arts Chiyoda room B109, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo
Admission Free

出展アーティスト/Exhibiting artists
Céline Lamée セリーヌ・ラメ
Julie Snyder ジュリー・シュナイダー
Kate Leney ケイト・レニー
Kathryn Desforges キャスリーン・デフォルジュ
Kerry Corcoran ケリー・コーコラン
Kristi Arnold クリスティ・アーノルド
Elspeth Lamb エルスペス・ラム
Gloria Pizzilli グロリア・ピッツィッリ
Guillaume Brisson-Darveau ギヨーム・ブリッソン・ダルヴォー
(Instructor – Basic Program A) Chihiro Taki 瀧千尋(インストラクター)
(Advisor – Basic Program A) Niccoló Barbagli ニッコロ・バルバッリ(アドバイザー)


メル・チオン | Mel Cheong 個 展 「刻 白|Carving White」

(English follows)

会  期  2018年4月7日(土)- 4月13日(金)
開廊時間  12:00-17:00 会期中無休
会  場  CfSHEギャラリー 東京都千代田区外神田6-11-14 3331アーツ千代田 B109
入場無料
アーティスト・トーク: 4月7日(土)18:00から
ご注意:英語を中心としたトークとなります。

木版画では刃で彫った部分が白くなります。かつて富士山の麓、河口湖でのアーティスト・イン・レジデンスに参加したメル・チオンはこの3月、雪の白に装いを変えた富士に会いに戻ってきました。白色の富士は木版画や自然、そこに居る人々、および自身についての物語に新たな1ページを加えてくれるのだと期待しながら。今ここにその新たなページをご紹介します。

「いまでも覚えています。毎朝、富士山を眺めながら柔らかな風に触れ、風景を前にしてその空は水晶のように澄んでいました。それは、故郷マカオではおよそ想像もできないことなのです。みんなで一緒に夕日を心待ちにしている日さえありました。登山者の光が山肌にネックレスを形作るのだと、門田けい子さんは教えてくれました。その一つ一つの細部やその時の感覚が合わさって、晩夏の富士にまつわる一つの物語を形成します。そして今回、もう一つの物語が私を待っていたのです。」

メル・チオン
マカオ生まれ
作家Webサイト:www.melcheong.com

プレスリリースはこちらから(PDFダウンロード)


刻 白 | Mel Cheong solo exhibition

April 7 (Sat.) – 13 (Fri.) 12:00 – 5:00 p.m. Open throughout the period
Admission free
Venue: CfSHE Gallery Arts Chiyoda room B109, Soto-Kanda 6-11-14, Chiyoda-ku, Tokyo
Artist’s talk: April 7 at 6:00 p.m.-

In Mokuhanga, what is carved will become white. Mel Cheong, who had participated to Artist-In-Residence at Lake Kawaguchi – on the foot of Mt. Fuji -, returned this year to encounter the mountain in a white dress in March. In that view, she waited to open a new page in the story about Mokuhanga, about the nature, about the people there and about her. Here the new page is.

“I still remember the days when I look at Mt. Fuji in the morning, I can feel the soft breeze in the air, I look upon the field in front of me, the sky is as clear as a crystal. It is something I can never image in Macau. There was also a day when we were very excited waiting for the sunset together, Keiko San told us that the lights from the climbers will form a necklace on Mt. Fuji. All these details, all these feeling, combines and become a late summer story of Mt. Fuji.
Then, this time, another story is waiting for me.”

Mel Cheong (Cheong Hoi I)
Born in Macau
www.melcheong.com

To download the press release (PDF), click here.


濱中卓治 個展 「Spiral Passage」

(English follows)

会  期  2018年3月7日(水)- 3月13日(火)
開廊時間  12:00-19:00 会期中無休
会  場  CfSHEギャラリー 東京都千代田区外神田6-11-14 3331アーツ千代田 B109
入場無料

CfSHE Gallery(シー・エフ・シー・ギャラリー)では水性木版画を主なメディウムとしてニューヨークと日本を拠点に活動する作家・濱中卓治の企画展を開催します。メインギャラリーで開催される3331アートフェアの出展作品と合わせて、伝統技法を用いた現代版画作品を展示します。
濱中は日本にて伝統工芸としての木版画を修業したのち、日本とアメリカで数々の現代版画プロジェクトに携わってきました。自身も作家として、伝統的な木版技法による現代版画を精力的に制作しています。
ここ数年の作品は版画に典型的に使われる効果や材料をあまり用いられなかった文脈、又はそれらを強調するようなやり方を考えて制作しています。つまり一つのシリーズとして木版のボカシ摺りを多用して何色も摺り、それをイメージ作りの基本材料として、まるでステンドグラスを作るようなイメージで摺り上がった木版を様々な形に切って抽象的な作品を組み立てていく方法です。作家は、見慣れたアプローチを少しずらして配置する事で見える事に可能性を感じています。
今回の展示では反復、すなわち森羅万象全てにも通ずる事象を、版木の摺りの繰り返しや摺った画としてのたくさんの複製、及びそれを切り取り組み合わせるという繰り返し行為へと重ね合わせています。それらの反復には実は同じものは一つとしてなくスパイラルのようであるとして、物を作る行為ひいてはそれを包む大きな事象の軌跡を再認識する機会になればと願い制作されています。
本展は、当ギャラリーが取り組むContemporary Mokuhangaという大きな標題の下で開催されます。水性木版画は伝統木版・創作版画という枠を超え、Mokuhangaとして世界で展開されています。その海外にてインストラクターとしても普及活動を支えつつ、現代美術シーンへ日本の伝統を展開させている濱中の、日本における初のワンマンショーとなります。今後の活躍にご期待ください。

なお会期中に開催されますアーティスト・トークでは過去作品の紹介も含め、ニューヨークのアートシーンについてもご紹介する予定です。また本展はアーツ千代田・3331アートフェアと連携したイベントとなっており、メインギャラリーでも濱中の作品をご覧になれます。この機会に是非ご高覧ください。

■濱中卓治 アーティスト・トーク
3月10日(土)18:00より CfSHEギャラリーにて
入場無料・予約不要

■3331アーツ千代田アートフェア内展示(濱中卓治)
本アートフェアのメインギャラリーでは濱中の作品を含め、全国で活躍するキュレーターから推薦された60名以上の国内・海外アーティストによる平面、立体、工芸などの作品を一気にをご覧になれます。
会    期  2018年3月7日(水)- 3月11日(日) 会期中無休
一般開廊時間  12:00-20:00 初日は18:00から、最終日は17:00(最終入場16:30)まで
内 覧 会   2018年3月7日(水)15:00-18:00
内覧会についての詳細はこちらから
会    場  3331アーツ千代田 (同上)
入 場 料    1,500円
詳細はアートフェア公式サイトをご覧ください。

(left) Sign V (right) Black rainbow ©Takuji Hamanaka

Takuji Hamanaka Solo exhibition “Spiral Passage”

We are pleased to announce the opening of Takuji Hamanaka solo exhibition “Spiral Passage”, an event synchronized with Arts-Chiyoda-3331 Art Fair.

Takuji Hamanaka is a Japanese artist who practices Japanese traditional water-based woodblock printmaking (Mokuhanga) based on between New York, US and Japan.
Hamanaka had been working with numerous contemporary projects as professional printer, after he had achieved the traditional technique in Japan. He also practices in his own artistic work, representing contemporary images by using traditional technique.
In recent years he has been investigating characteristic effects and materials found in printmaking and use them in unfamiliar context or use them in excessive manner.
One of the project is to focus on typical printing application called “ Bokashi” that is a variation in lightness and darkness of a single/multiple colors by hand applying a gradation of ink to moistened woodblock. This characteristic printing approach is often found in prints by masters such as Hiroshige and other Ukiyo-e artists.
Using these prints in different colors as a starting point, He constructs image by cutting them in various shapes as if one makes mosaic window using sheets of hand blown colored glass. Though obviously quite different materials, there are striking similarities between the way woodcut and stained glass is constructed conceptually. He sees expanding possibility of traditional printmaking by displacing the characteristic idea/effect to attain unique consequence.
In the works showed in this exhibition he tries to make “repetition” which appears also in the natural phenomenon, reflecting it on his artistic action such as repetitive printings, copied images by them, and numerous combinations of collages made of them. However he believes that none of the repetition is similar to the others and that it creates a form like a spiral, which offers us an occasion to recognize locus of the working procedures and of the phenomenon.

This exhibition will be held under the theme “Contemporary Mokuhanga” a concept which has been developing over the world beyond the Japanese traditional technique. The CfSHE Gallery introduces the solo-show of Hamanaka who supports this movement as instructor and also works as artist inside.
We look forward to seeing you at our gallery.

(right) water flowers

Solo show
Date: From 7 to 13 March 2018
Hour: 12:00/7.00 p.m. Open throughout the exhibition period
Venue: CfSHE Gallery – 3331 Arts Chiyoda room B109, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo
Admission Free

Artist talk
Saturday, March 10, 6:00 p.m. at CfSHE Gallery
Admission Free

3331 Arts Chiyoda ART FAIR
Also in this event you can see Hamanaka’s works with other painting/sculpture/craft works by over 60 Japanese/international artists recommended by renown curators.

Public entrance: From 7 to 11 March 2018 - Open throughout the period
	Hours:	7 March:  6.00/8.00 p.m.
	From 8 to 10 Mach:  12.00/8.00 p.m.
	11 March:      12.00/5:00 p.m. (The entrance closes at 4:30 p.m.)
First choice entrance: 7 March 2018, 3:00 p.m./6:00 p.m. - For details of First choice click here
Venue:	Main Gallery - 3331Arts-Chiyoda
Admission fee:	JPY 1,500
For more details please visit the official website.

MI-LABコレクション展 如月編

(English follows)

会  期  2018年2月25日(日)- 3月3日(土)
開廊時間   13:00-17:00 会期中無休
会  場  CfSHEギャラリー 東京都千代田区外神田6-11-14 3331アーツ千代田 B109
入場無料

CfSHE Gallery(シー・エフ・シー・ギャラリー)では過去のMI-LAB-国際木版画ラボラトリー・アーティスト・イン・レジデンスへの寄贈作品をコレクションとして所持しています。その中から今回、2018年早春に因んだ作品の展示をいたします。この機会に是非CfSHEギャラリーへお立ち寄りください。
二月は日本の旧暦でいう如月。如月には、寒さが厳しく重ね着(衣更着=きさらぎ)をする季節という意味があったそうです。寒さの中にも春の足音とその色づきがすぐそこに感じられる季節です。如月の名を冠した作品をはじめ、晩冬と早春の色が特に刻まれている木版画作品を集めました。木版画独特の柔らかな色合いで寒さから一足、春へ目を向けていただければと思います。
参加アーティストは英語版文末をご覧ください。

Exhibition from MI-LAB collection – February Edition

We will open the exhibit of collected small works selected from MI-LAB archives related to the month of February.
In the ancient Japanese calendar February was called Kisaragi which literally means the cold month when we wear warm clothes.
Despite of the cold, spring and its fresh and vivid colors are just behind the corner. Mokuhanga works starting from the one titled Kisaragi that gives name to the exhibition, have the lately winter and the early spring colors imprinted in them. In these cold days we hope that the Mokuhanga’s colors could warm your sight.
We look forward to seeing you at our gallery.

Information
Date: From February 25 to March 3, 2018
Hour: 1:00/5:00 p.m. Open throughout the exhibition period
Venue: CfSHE Gallery – 3331 Arts Chiyoda room B109, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo
Admission Free

出展アーティスト/Exhibiting artists
Thongchai Yukantapornpong トンチャイ・ユカンタポンポーン
Porntip Chaipimansri ポーンティップ・チャイブマンスィー
Hoi I (Mel) Cheong メル・チオン
Florence Neal フローレンス・ニール
Hiroki Morinoue ヒロキ・モリノウエ
Jacqueline F. Gribbin ジャクリーン・グリビン
Linda Beeman リンダ・ビーマン
Natasha Norman ナターシャ・ノーマン
Carol Wilhide キャロル・ウィルハイド
Maria Joao Pacheco マリア・ジョアオ・パチェコ
Ragnhild Løkke ラグンヒルド・ロッケ


2017年国際木版画ラボ MI-LABレジデンスプログラム 成果展
アドバンス・プログラム編

(English follows)

会  期  2018年1月15日(月)- 2018年1月19(金)
会  場  CfSHEギャラリー (アーツ千代田3331内、B109 入場無料)
開廊時間  13:00-17:00
会期中無休

新年あけましておめでとうございます。

今年度、富士河口湖MI-LABでは5つのレジデンスプログラムが予定されています。例年にも増して多くのアーティストがMI-LABへ滞在し、木版画に腕を奮うでしょう。

さて本年最初の展覧会は、年末に引き続き2017年に実施されたレジデンス参加者の寄贈作品展です。今回はアドバンス・プログラム参加者11名のアーティストをご紹介します。

参加アーティストはこの下の英語版内のリストをご覧ください。

2017 MI-LAB Artist-in-Residence Program Participants Exhibition:
Artists from Advanced Program

Happy new year for all Mokuhanga friends and supporters! This year 5 Residence programs are coming – much more artists will come and stay at MI-LAB residence at Lake Kawaguchi.
In the meantime, MI-LAB presents this year’first event at CfSHE Gallery that is exhibition of print works created during 2017 Advanced Programs by 11 artists which have been donated to MI-LAB.

Date: From 15 to 19 January 2018
Venue: CfSHE Gallery – B109, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, 1010021 Tokyo
Hour: 13.00/17.00
Admission Free / Open throughout the exhibition period.


2017 Advanced Program Artists アドバンス・プログラム参加アーティスト

 
Kathleen(Kaite) Baldwin ケイティ・ボールドウィン (USA)
Kate MacDonagh ケイト・マクドナー (Ireland)
Mariko Jesse マリコ・ジェシー (UK)
Melissa Schulenberg メリッサ・シューレンバーグ (USA)
Natasha Norman ナターシャ・ノーマン (South Africa)
Patty Hudak パティ・フダック (USA)
An Gee Chan アン・ジー・チャン (Hong Kong)
Brenda Petays ブレンダ・ぺテイス (Canada)
Fuko Ito フウコ・イトウ (Japan)
Jon Lee ジョン・リー (USA)
Sarah Hulsey サラ・ハルシー (USA)

Archive (EN)   アーカイブ(日)


2017

2017年国際木版画ラボ MI-LABレジデンスプログラム 成果展
ベーシック・トレーニング・プログラム編

(English follows)

会  期  2017年12月24日(日)- 2017年12月28(木)
会  場  CfSHEギャラリー (アーツ千代田3331内、B109 入場無料)
開廊時間  13:00-17:00 *28日(木)は15:00まで
会期中無休

今年もあとわずかとなりました。富士河口湖にあるMI-LABレジデンスでは本年、ベーシック・トレーニング・プログラム、アドバンス・プログラムそれぞれ二期ずつが実施され、のべ10か国から計23名のアーティストが来日。富士山を仰ぎみるスタジオにて木版画制作に打ち込みました。その成果である、MI-LABへ寄贈された作品をCfSHEギャラリーにてご紹介します。
第1弾として2017年ベーシック・トレーニング・プログラム参加アーティストの寄贈作品を展示いたします。
なおアドバンス・プログラム編は2018年1月に開催いたします。

2017 Basic Training Program Artists

 Dirk Comello (Netherlands)
 Eleni Panayidou (Cyprus)
 Julia Morrisroe (USA)
 Rose-Marie Glen (USA)
 Ursula Radermacher (Germany)
 Van der Ploeg Anna Katherine Louise (South Africa)
 Ana Amelia Corazza Genioli (Brazil)
 Marcia Weese (USA)
 Marina Borodina (Russia)
 Sarah Lucie Verbeek (Netherlands)
 Siemen Theodoor Dykstra (Netherlands)
 Sophie Layton (UK)

2017 MI-LAB Artist-in-Residence Program Participants Exhibition:
Artists from Basic Training Program

This year 4 Mokuhanga Residence Programs have been held at MI-LAB of Lake Kawaguchi; 2 Basic Training Programs and 2 Advanced Programs where total 23 artists from 10 countries have participated.
In this exhibition we introduce the print works created during the Program by 12 artists participated to Basic Training Programs which have been donated to MI-LAB.

Date: From 24 to 28 December 2017
Hour: 13.00/17.00 (close at 15.00 on 28 December)
Admission Free / Open throughout the exhibition period.


2017 Basic Training Program Artists

 Dirk Comello (Netherlands)
 Eleni Panayidou (Cyprus)
 Julia Morrisroe (USA)
 Rose-Marie Glen (USA)
 Ursula Radermacher (Germany)
 Van der Ploeg Anna Katherine Louise (South Africa)
 Ana Amelia Corazza Genioli (Brazil)
 Marcia Weese (USA)
 Marina Borodina (Russia)
 Sarah Lucie Verbeek (Netherlands)
 Siemen Theodoor Dykstra (Netherlands)
 Sophie Layton (UK)
Exhibition of Advanced Program participants will follow in January 2018.

日本の水性木版画技術の海外普及を目指して
長沢アートパークと国際木版画ラボ20年の歩み 帰国展

(English follows)

会  期  2017年11月1日(水)- 2017年11月10(金)
会  場  CfSHEギャラリー (アーツ千代田3331内、B109 入場無料)
開廊時間  13:00-17:00 / 土日休廊
関連企画  トークイベント「水性木版画の海外普及とアーティスト・イン・レジデンス」(日)
11月8日(水)18:00 – 20:00 (要予約、入場無料)

産業人文学研究所(シーエフシー・CfSHE)は、かつて浮世絵の制作に用いられた日本の伝統である水性木版画技術を、世界へ広めるために20年間活動してまいりました。ここにその軌跡を「日本の水性木版画技術の海外普及を目指して」展としてご紹介いたします。展示されている作品は、1997年に開始した長沢アートパーク(NAP)と、それを受け継ぐ形で2011年より開催している国際木版画ラボ(MI-LAB)という二つのレジデンスプログラムにおいて参加アーティストにより制作され、寄贈された作品を選抜したものです。ここで二つのプログラムの共同創設者であり前代表でもある門田けい子の足跡も辿っています。門田は木版画とその背景―日本文化、歴史及び伝統工芸―と国際アーティストとの間の架け橋となりながら、木版画を現代に読み替えようと努力してまいりました。この展覧会は欧州文化首都としてのキプロスにおいて2017年6月に初めて開催され、巡回先のハワイでは、第3回国際木版画会議の特別展示として2017年8月21日から10月1日まで披露されました。


(写真)欧州文化首都プロジェクト(キプロス)
MI-LAB展 2017年6月

木版画は重厚な歴史を背景に持ち、その作品に現れる独特の光の効果は今もなお世界の版画家やアーティストを魅了し続け、その技術を学ぼうと日本を訪れるアーティストは後を絶ちません。NAPとMI-LAB両プログラムで北米、南米、欧州、アジア、オセアニア、アフリカからの200を超えるアーティストの参加が実現し、帰国後は祖国で技法研究の第一人者となったり、教育に携わったり、木版画アーティストとして活動したりしています。参加者の多くはその材料が環境に与える影響の少なさ、および道具が携帯可能であることを魅力として挙げ、また、その無限大の可能性と挑戦の醍醐味にも魅力を感じています。つまり木版画は、作品の仕上がりが紙の厚み、湿らせ方、糊(米糊)、絵具、湿気、天候、ばれんの種類、摺る際の手の圧力など、様々な条件に左右されます。水性材料の質感とその柔らかな仕上がりは、和紙(日本で伝統的に使用されてきた、樹木の繊維から製造される紙)を使うことによりその特性が最大限に引き出され、それがなお、アーティストの創作意欲を駆り立てます。過去の参加者の多くが木版画の制作を継続し、国際木版画会議でのキープレゼンターとなるアーティストもいます。


(写真)第3回国際木版画会議ホノルル大会(ハワイ)
MI-LAB展、2017年9月

この展覧会は、木版画およびそれに関わる彫刻刀、ブラシや絵具それぞれの製造業や、特に和紙製造者を抱える伝統工芸を再活性化するために門田が貢献してきた推進活動や、レジデンス参加者のその後の活動に感謝するとともに記録するものです。その門田の功績が実を結び、木版画についての教育機関同士の情報交換やネットワークのためのプラットフォームとして共同設立した国際木版画会議が実現しました。国際木版画会議は本年ホノルルで3回目を迎えました。さらにこの展示では、NAP開設と同年である1997年にアーティスト・イン・レジデンスを実現に結び付けた日本政府の尽力についても感謝を表明するものです。この援助はプログラムの継続に必要不可欠なものでした。NAPとMI-LAB参加者による各国での活動は、浮世絵が生まれた場所でありながらも現代アーティストによる創作手段としての可能性が見過ごされてきた国、日本そのものの関心も集めています。最後に、この展覧会はCfSHEが門田の精神を受け継ぎ、MI-LABを継続させようという意思の表明の場でもあります。

世界各国の木版画を実践するアーティストや教育者

Searching for Mokuhanga Light:
Globalizing Japanese Woodblock Printmaking
Twenty Years of Residencies in Japan,
a Review of Nagasawa Art Park and Mokuhanga Innovation Laboratory

Dates: 1st – 10th November, 2017
Venue: CfSHE Gallery (admission free)
Time: 1pm – 5pm Closed on Saturday and Sunday
Talk: Globalizing Mokuhanga and Artist in Residence
8th November, 18:00 – 20:00 (Japanese/partially English, booking is required)


(Photo) MI-LAB Exhibition in Cyprus as European Cultural Capital, June 2017

The Center for the Science of Human Endeavor (CfSHE) is pleased to present the exhibition Searching for Mokuhanga Light: Globalizing Japanese Woodblock, which demonstrates the organization’s twenty year project to facilitate the globalization of mokuhanga – Japanese water-based woodblock printing technique used for ukiyo-e prints. The exhibition showcases the selection of prints that were created and donated by the alumni of the two artist-in-residence programs: the Nagasawa Art Park (NAP) Artist-in-Residence, begun in 1997, and its successor the Mokuhanga Innovation Laboratory (MI-LAB), begun in 2011. It follows the path of Keiko Kadota, the late director and co-founder of the two programs. She encouraged the contemporary adaptation of mokuhanga by bridging international artists with mokuhanga and its context – Japanese culture, history and traditional craft. This exhibition was first held in Cyprus as European Cultural Capital in June 2017, and then travelled to Hawaii, as a special exhibition of Third International Mokuhanga Conference September 28 to October 1, 2017.

Mokuhanga has a distinctive quality of light and historical richness, which increasingly attracts printmakers and artists to visit Japan to learn its techniques. Together NAP and MI-LAB enabled more than 200 artists to study mokuhanga in Japan and alumni from the US, South America, Europe, Asia and Oceania have become leading researchers, educators and artists of mokuhanga in their own countries. Many of them were fascinated by mokuhanga’s low environmental impact using hand hold tools and materials, but also by its infinite possibility and challenges; for instance, the printing result is dictated by many conditions such as the paper’s thickness and dampness; and the ingredients including nori (rice paste), pigments, humidity, weather, type of baren (hand-held printing disk), and the pressure of hand printing. Mokuhanga’s watery quality and intimacy are emphasized by the use of washi – paper made of plant fibers that have been traditionally used in Japan – which also intrigues artists. Many alumni continued mokuhanga and even became key presenters at the International Mokuhanga Conferences.

This exhibition intends to acknowledge the alumni’s effort and Keiko Kadota’s commitment to promoting mokuhanga and revitalizing related craft industries that employ blacksmiths, brush makers, pigment makers and especially papermakers. Kadota’s work also culminated as the International Mokuhanga Conference which she co-founded as a platform for networking and the academic exchange of information about mokuhanga. The conference marked the 6-year anniversary at the Honolulu meeting. The exhibition also acknowledges the support of the Japanese government that implemented the Artist-in-Residence program in 1997 – when NAP was launched – this financial support was essential to continue the programs. The global activities of NAP and MI-LAB alumni attract the attention of Japan, the country in which ukiyo-e was created but where the potential for creative use of this medium by contemporary artists might be overlooked. Finally, this exhibition is a statement by CfSHE of their willingness to inherit Kadota’s spirit and continue MI-LAB programs.


小城由実 展 旅 「Journey」

* English follows Japanese

会  期  2017年7月13日(木)-2017年7月17(月)
会  場  CfSHEギャラリー (入場無料)
開廊時間  13:00-18:00 最終日は17:00まで

CfSHEギャラリーでは、2017年7月13日(木)から2017年7月17日(月)まで、小城由実の個展を開催します。小城由実は、布地の質感を生かしながら、版画技法を用いるアーティストです。
作家コメント
「生地は独特の素材や様々な色味を含んでおり、反射によって色が変化する生地もあり、制作した作品の中に、不思議な空間を創り出せます。抽象的な表現方法を使い、地球上の植物、生物、動物、人間、地球、銀河系・太陽系宇宙等を画面上で表現しようと思います。」

Yumi Kojo “Journey”

Dates:  Thursday 13th July 2017 – Monday 17th July 2017
Venue:  CfSHE Gallery (admission free)
Time:   1pm – 6pm Closed at 17:00 on 17th July 2017

CfSHE Gallery is pleased to present the recent works of Yumi Kojo from July 13rd 2017 to July 17th 2017. Yumi Kojo is an artist who use printmaking’s technique on the texture of fabric.
Artist’s Comment”Fabric have unique material and various colors. We can see different colors on fabric by the reflection of the light. I can create mysterious space with them. I try to express plants, creatures, human, the earth, the galaxy, the solar system and the universe on my artworks”


ゆらぎの影 | 酒井 一樹 + 瀧 千尋

* English follows Japanese

会  期  2017年3月15日[水]-20日[月]
会  場  CfSHEギャラリー (入場無料)
開廊時間  13:00-18:00 / 会期中は休廊日なし
アーティストトーク:3月17日[金] 18:00 – 19:00

プレスリリース(PDF)

CfSHE Gallery (シー・エフ・シー ギャラリー) は、水性木版画を主なメディウムとして活動する若手作家2人の企画展「ゆらぎの影|酒井一樹 + 瀧千尋」を開催します。 同館メインギャリーで開催される3331アートフェアの出展作品と併せて、水性木版画の柔らかい風合いを活かしたインスタレーションを展示します。

二人が着目する「影」とは、プラトンが「洞窟の比喩」として唱えた根源的なテーマであると共に、アートにおいては、作家が捉えた対象物のイメージ、作品に写し取られた虚像、また、それが観者に与える印象など様々です。それらの「影」は、水性木版画が併せもつ素材の特性や技法によって引き出され、インスタレーションという空間の中で共鳴し、ゆらぎます。

水性木版画を映像のように捉える酒井は、友人やファウンド・フォトをイメージの起点とし、和紙に大量の水を含ませ、長時間の摺り重ねを行います。その過程は、脆くて曖昧な表情・滲みを印象付ける作品に結実し、絵画的な時間性や物事の移ろいを喚起します。人を主なモチーフとする酒井とは対照的に、瀧は、自然物や場所との出会い、及び、それらとの対話—一切の雑多なものが消えて対話するような身体経験—を咀嚼し、そのイメージを色や形や滲みによって表現します。作品はモノや空間の「影」を表象しながら、実際の対象物と同等かそれ以上の存在感や物質性を提示します。また、瀧が表現する独特の色味や質感は、酒井と同じく、和紙という素材、同じ版を摺り重ねる技法、水性木版の柔らかな物質感と緊張感、深い空間性に起因します。

本展は、当ギャラリーが取り組むContemporary Mokuhangaという大きな標題の下で開催されます。水性木版画は伝統木版・創作版画という枠を超え、Mokuhangaとして世界で展開されています。近年、海外でJapanese Contemporary Mokuhangaと表される酒井と瀧の作品は、「フラジャイル・ストーリー展」(2016年)の主要作品として、オーストラリアやアメリカを巡回しました。 本展はその2人の新作をMokuhangaの本山、日本に逆輸入する試みでもあります。2人が表現する多様な「影」との対話を通して、イメージのみではなく、Mokuhangaがもつ新しい可能性や柔らかさもお楽しみください。

作家略歴

酒井一樹
1988年東京生まれ、2015年に東京藝術大学大学院版画研究室研究生を修了。
版画と映像をメディアに、物事の揺らぎをテーマとしたインスタレーション作品を発表している。
2016年MI-LAB主催若手水彩木版画作家国際巡回展Fragile story展に参加。

瀧千尋
1988年静岡生まれ、2013年に武蔵野美術大学大学院版画コースを修了。
東京を拠点に水性木版画による制作発表を続ける。2016年MI-LAB主催若手水彩木版画作家国際巡回展Fragile story展に参加。


Swayed Shadows | Kazuki SAKAI + Chihiro TAKI

Dates:  15th – 20th March, 2017
Venue:  CfSHE Gallery (admission free)
Time:   13:00 – 18:00 / open everyday during the exhibition
Artist Talk: Friday, 17th March 18:00 – 19:00

Press Release (PDF)

CfSHE Gallery is pleased to present Swayed Shadows | Kazuki SAKAI + Chihiro TAKI showcasing the works of two young emerging artists in conjunction with 3331 Art Fair to be held in the same building. Using mokuhanga (water-based woodblock printmaking technique) as a main medium, Sakai and Taki will create the installation of mokuhanga prints which arouse the sensation of delicate tactility.

Shadows in question are reminiscent of Plato’s Allegory of Cave in general, but in the looking of art, it is concerned with an image that artists observe in their subject, illusion transferred onto the canvas, or impression given to the viewers. These shadows will be present by means of mokuhanga’s material and technique, which will resonate and sway in the installation.

Sakai relates mokuhanga to filmmaking. He uses the image of his friends and found photos as a starting point of his creation. He soaks printing paper extensively and print the layers of ink for a number of times. This process generates fragile and fuzzy feature of his work inspiring the passage of time and things. Unlike Sakai’s depiction of people, Taki’s work results from the encounter with Nature and a space. The dialogue with these things – the experience of purely communicating with a subject in question – is processed and translated into color, shape and bleeds. While representing ‘shadows’, her work demonstrates the presence and the physicality of its origin to the same or even more extent. Taki’s work also reveals the delicate quality of color and texture resulting from washi and repetitive printing – like Sakai’s approach. These elements evident in Sakai’s and Taki’s work – delicate physicality, tension and the depth of spatiality – are commonly inherent to mokuhanga.

This exhibition will be held under the title of Contemporary Mokuhanga. Water-based woodblock printmaking currently called as ‘Mokuhanga’ has developed its definition way beyond the traditional mokuhanga or sosaku-hanga. Both Taki’s and Sakai’s works were highly remarked as ‘Japanese Contemporary Mokuhanga’ in Fragile Story (2016) that traveled to Australia and the US. Swayed Shadows aims to present the contemporary adaptation of mokuhnaga in Japan. It will invite viewers to enjoy the dialogue with various ‘shadows’ and with the new potential of mokuhanga.

Bio

Kazuki Sakai
Born in Tokyo in 1988, Sakai completed the master’s course in Fine Arts at Tokyo University of the Arts in 2015. Using film and printmaking as a main medium, he creates installations that capture uncertain situations. In 2016, he participated in MI-LAB’s exhibition, Fragile Story – the exhibition that featured young mokuhanga artists that traveled abroad.

Chihiro Taki
Born in Shizuoka, Taki graduated from the master’s program (printmaking) at the Musashino Art University. Taki is a Tokyo based artist producing and showing works of water-based woodcut prints. She participated in MI-LAB’s exhibition, Fragile Story – the exhibition that featured young mokuhanga artists that traveled abroad.


2016

Pilgrimage of landscape – Mia O

会  期  2016年10月14日[金]-23日[日]
会  場  CfSHE ANNEXギャラリー (入場無料)
開廊時間  12:00-18:00 (最終日は17:00まで) / 月火は休廊

CfSHEギャラリーでは、10月14日(金)から23日(日)まで、韓国出身のミア オの個展を開催します。

日本に住んでみて実感した自然と日本人との関係性は、韓国出身のアーティストに深い興味とインスピレーションを与えました。日本の風土の中で発達した木版画技法の中に、周りに在る自然の材料を上手に活用し、それらを一つの芸術にまで昇華させていく伝統の知恵を見出しました。今回の個展では、この木版画の技法を用い、日本の風景を表現しています。

作家略歴

1972年ソウル生、弘益大学とプラット インスティテュートを卒業。2003年に長沢アートパーク水彩多色摺木版画制作プログラムに参加。
現在、東京に住み、CfSHEギャラリーでスタッフとして働き、木版画のワークショップも行いながら作家活動をしています。

Fri. October 14, 2016 – Sun. October 23, 2016 (12:00~18:00)
Closed on Monday, Tuesday
Closing at 17:00 on the last day
Venue: CfSHE Gallery

CFSHE Gallery is pleased to present a solo exhibition of prints by Japan based Korean artist Mia O from October 14, 2016 to October 23, 2016.

Her exhibition features landscapes in Japan. The topic of the relationship between nature and humans has always been her interest and fascination. Her art work is deeply influenced by her lived and felt experiences in Japanese culture and landscapes. In the Mokuhanga she finds the wisdom of how Japanese people integrated nature into its art medium/form.

Mia O was born in Korea. She finished her Bachelor of Arts degree at Hong-ik University, Seoul, Korea, in 1996 and completed her MFA at Pratt Institute, NY, USA, in 2000. Mia O participated in the Nagasawa Art Park, Artist-in-Residence program in 2003. She is currently based in Tokyo and works and conducts workshop at CFSHE Gallery. Her works have been shown internationally in UAE, US, Europe, Korea and Japan.


ユンミ ナム展 Temporary Still Lifes

Cfshe

会  期  2016年7月2日[土]-15日[金]
会  場  CfSHE ANNEXギャラリー(入場無料)
開廊時間  12:00-18:00(最終日は17:00まで)/月火は休廊

ギャラリートーク : 7月2日(土) 18:00-18:45
レセプション: 19:00~20:00
参加無料 ※ 6月29日(水) までメールで申込

CfSHEギャラリーでは、2016年7月2日(土)から2016年7月15日(金)まで、韓国出身でアメリカで活躍しているアーティスト、ユンミ ナムの個展を開催します。今回の展覧会の作品は、はかなさと永続が共存する空間を植物と人工物のイメージをメタファーとして、つかの間と永遠の両方の時間の感覚を表現しています。

作家略歴

1974年ソウル生、弘益大学校とロドーアイランド大学院で、ペインティングと版画部を卒業。2004年に長沢アートパーク水性多色摺り木版画プログラムに参加。また2012年に開設されたMI-LABアドバンス・アーティスト・プログラムに参加し、現在、アメリカ、日本、韓国、ドイツ、スコットランドなどで活発に展覧会活動を行うとともに、カンサス大学(米国)でペインティングと版画の教鞭をとっている。

Yoonmi Nam
Temporary Still Lifes

Sat. July 2nd, 2016 – Friday July 15th, 2016 (12:00~18:00)
Closed on Monday, Tuesday
Closing at 17:00 on the last day
Venue: CfSHE Gallery

Artist Talk and Reception
Date: July 2nd, 2016
Time: 18:00~18:45
Reception: 19:00~20:00
Entry: Free

To participate in the artist talk of this event, please e-mail to us.
Location: CfSHE Gallery

CfSHE Gallery is pleased to present a solo exhibition of prints by Yoonmi Nam; A Korean artist and printmaker based in US. The exhibition features her recent works depicting of images of man-made environments and objects, and cut flower arrangements as metaphors to evoke a sense of time that is both fleeting and eternal. The exhibition runs from July 2nd.2016 to July 15th, 2016.

Artist’s Biography
Yoonmi Nam received a BFA degree from Hong-Ik University in Korea and an MFA degree from the Rhode Island School of Design in US. She participated in Nagasawa Art Park Artist-in-Residence program in 2004 and Mi-Lab Advanced program in 2012. Her work has been shown both nationally and internationally and she teaches printmaking and drawing at the University of Kansas, where she has been a faculty member since 2001.


IN BETWEEN 飯塚緑 AIR報告展

midori-iizuka

会  期  2016年3月2日[水]-3月6日[日]
開廊時間  12:00-18:00(最終日は17:00まで)/月火は休廊
会  場  CfSHE ANNEXギャラリー(入場無料)

作家在廊日:3〜6日
ギャラリートーク : 3月5日(土) 15:00-18:00
「Constellation Studios AIRでの制作体験」 参加無料 ※ 3月2日(水) までにコンタクトフォームからお申し込みください。

昨年10月にConstellation Studio(s アメリカネ/ブラスカ州)にてアーティスト イン レジデンス参加のため渡米 。1ヶ月の滞在にて制作された作品と A I R 報告展を開催致します。