CfSHE Gallery

Archive (EN)   アーカイブ(日)

2017

ゆらぎの影 | 酒井 一樹 + 瀧 千尋

* English follows Japanese

会  期  2017年3月15日[水]-20日[月]
会  場  CfSHEギャラリー (入場無料)
開廊時間  13:00-18:00 / 会期中は休廊日なし
アーティストトーク:3月17日[金] 18:00 – 19:00

プレスリリース(PDF)

CfSHE Gallery (シー・エフ・シー ギャラリー) は、水性木版画を主なメディウムとして活動する若手作家2人の企画展「ゆらぎの影|酒井一樹 + 瀧千尋」を開催します。 同館メインギャリーで開催される3331アートフェアの出展作品と併せて、水性木版画の柔らかい風合いを活かしたインスタレーションを展示します。

二人が着目する「影」とは、プラトンが「洞窟の比喩」として唱えた根源的なテーマであると共に、アートにおいては、作家が捉えた対象物のイメージ、作品に写し取られた虚像、また、それが観者に与える印象など様々です。それらの「影」は、水性木版画が併せもつ素材の特性や技法によって引き出され、インスタレーションという空間の中で共鳴し、ゆらぎます。

水性木版画を映像のように捉える酒井は、友人やファウンド・フォトをイメージの起点とし、和紙に大量の水を含ませ、長時間の摺り重ねを行います。その過程は、脆くて曖昧な表情・滲みを印象付ける作品に結実し、絵画的な時間性や物事の移ろいを喚起します。人を主なモチーフとする酒井とは対照的に、瀧は、自然物や場所との出会い、及び、それらとの対話—一切の雑多なものが消えて対話するような身体経験—を咀嚼し、そのイメージを色や形や滲みによって表現します。作品はモノや空間の「影」を表象しながら、実際の対象物と同等かそれ以上の存在感や物質性を提示します。また、瀧が表現する独特の色味や質感は、酒井と同じく、和紙という素材、同じ版を摺り重ねる技法、水性木版の柔らかな物質感と緊張感、深い空間性に起因します。

本展は、当ギャラリーが取り組むContemporary Mokuhangaという大きな標題の下で開催されます。水性木版画は伝統木版・創作版画という枠を超え、Mokuhangaとして世界で展開されています。近年、海外でJapanese Contemporary Mokuhangaと表される酒井と瀧の作品は、「フラジャイル・ストーリー展」(2016年)の主要作品として、オーストラリアやアメリカを巡回しました。 本展はその2人の新作をMokuhangaの本山、日本に逆輸入する試みでもあります。2人が表現する多様な「影」との対話を通して、イメージのみではなく、Mokuhangaがもつ新しい可能性や柔らかさもお楽しみください。

作家略歴

酒井一樹
1988年東京生まれ、2015年に東京藝術大学大学院版画研究室研究生を修了。
版画と映像をメディアに、物事の揺らぎをテーマとしたインスタレーション作品を発表している。
2016年MI-LAB主催若手水彩木版画作家国際巡回展Fragile story展に参加。

瀧千尋
1988年静岡生まれ、2013年に武蔵野美術大学大学院版画コースを修了。
東京を拠点に水性木版画による制作発表を続ける。2016年MI-LAB主催若手水彩木版画作家国際巡回展Fragile story展に参加。


Swayed Shadows | Kazuki SAKAI + Chihiro TAKI

Dates:  15th – 20th March, 2017
Venue:  CfSHE Gallery (admission free)
Time:   13:00 – 18:00 / open everyday during the exhibition
Artist Talk: Friday, 17th March 18:00 – 19:00

Press Release (PDF)

CfSHE Gallery is pleased to present Swayed Shadows | Kazuki SAKAI + Chihiro TAKI showcasing the works of two young emerging artists in conjunction with 3331 Art Fair to be held in the same building. Using mokuhanga (water-based woodblock printmaking technique) as a main medium, Sakai and Taki will create the installation of mokuhanga prints which arouse the sensation of delicate tactility.

Shadows in question are reminiscent of Plato’s Allegory of Cave in general, but in the looking of art, it is concerned with an image that artists observe in their subject, illusion transferred onto the canvas, or impression given to the viewers. These shadows will be present by means of mokuhanga’s material and technique, which will resonate and sway in the installation.

Sakai relates mokuhanga to filmmaking. He uses the image of his friends and found photos as a starting point of his creation. He soaks printing paper extensively and print the layers of ink for a number of times. This process generates fragile and fuzzy feature of his work inspiring the passage of time and things. Unlike Sakai’s depiction of people, Taki’s work results from the encounter with Nature and a space. The dialogue with these things – the experience of purely communicating with a subject in question – is processed and translated into color, shape and bleeds. While representing ‘shadows’, her work demonstrates the presence and the physicality of its origin to the same or even more extent. Taki’s work also reveals the delicate quality of color and texture resulting from washi and repetitive printing – like Sakai’s approach. These elements evident in Sakai’s and Taki’s work – delicate physicality, tension and the depth of spatiality – are commonly inherent to mokuhanga.

This exhibition will be held under the title of Contemporary Mokuhanga. Water-based woodblock printmaking currently called as ‘Mokuhanga’ has developed its definition way beyond the traditional mokuhanga or sosaku-hanga. Both Taki’s and Sakai’s works were highly remarked as ‘Japanese Contemporary Mokuhanga’ in Fragile Story (2016) that traveled to Australia and the US. Swayed Shadows aims to present the contemporary adaptation of mokuhnaga in Japan. It will invite viewers to enjoy the dialogue with various ‘shadows’ and with the new potential of mokuhanga.

Bio

Kazuki Sakai
Born in Tokyo in 1988, Sakai completed the master’s course in Fine Arts at Tokyo University of the Arts in 2015. Using film and printmaking as a main medium, he creates installations that capture uncertain situations. In 2016, he participated in MI-LAB’s exhibition, Fragile Story – the exhibition that featured young mokuhanga artists that traveled abroad.

Chihiro Taki
Born in Shizuoka, Taki graduated from the master’s program (printmaking) at the Musashino Art University. Taki is a Tokyo based artist producing and showing works of water-based woodcut prints. She participated in MI-LAB’s exhibition, Fragile Story – the exhibition that featured young mokuhanga artists that traveled abroad.


2016

Pilgrimage of landscape – Mia O

会  期  2016年10月14日[金]-23日[日]
会  場  CfSHE ANNEXギャラリー (入場無料)
開廊時間  12:00-18:00 (最終日は17:00まで) / 月火は休廊

CfSHEギャラリーでは、10月14日(金)から23日(日)まで、韓国出身のミア オの個展を開催します。

日本に住んでみて実感した自然と日本人との関係性は、韓国出身のアーティストに深い興味とインスピレーションを与えました。日本の風土の中で発達した木版画技法の中に、周りに在る自然の材料を上手に活用し、それらを一つの芸術にまで昇華させていく伝統の知恵を見出しました。今回の個展では、この木版画の技法を用い、日本の風景を表現しています。

作家略歴

1972年ソウル生、弘益大学とプラット インスティテュートを卒業。2003年に長沢アートパーク水彩多色摺木版画制作プログラムに参加。
現在、東京に住み、CfSHEギャラリーでスタッフとして働き、木版画のワークショップも行いながら作家活動をしています。

Fri. October 14, 2016 – Sun. October 23, 2016 (12:00~18:00)
Closed on Monday, Tuesday
Closing at 17:00 on the last day
Venue: CfSHE Gallery

CFSHE Gallery is pleased to present a solo exhibition of prints by Japan based Korean artist Mia O from October 14, 2016 to October 23, 2016.

Her exhibition features landscapes in Japan. The topic of the relationship between nature and humans has always been her interest and fascination. Her art work is deeply influenced by her lived and felt experiences in Japanese culture and landscapes. In the Mokuhanga she finds the wisdom of how Japanese people integrated nature into its art medium/form.

Mia O was born in Korea. She finished her Bachelor of Arts degree at Hong-ik University, Seoul, Korea, in 1996 and completed her MFA at Pratt Institute, NY, USA, in 2000. Mia O participated in the Nagasawa Art Park, Artist-in-Residence program in 2003. She is currently based in Tokyo and works and conducts workshop at CFSHE Gallery. Her works have been shown internationally in UAE, US, Europe, Korea and Japan.


ユンミ ナム展 Temporary Still Lifes

Cfshe

会  期  2016年7月2日[土]-15日[金]
会  場  CfSHE ANNEXギャラリー(入場無料)
開廊時間  12:00-18:00(最終日は17:00まで)/月火は休廊

ギャラリートーク : 7月2日(土) 18:00-18:45
レセプション: 19:00~20:00
参加無料 ※ 6月29日(水) まで下記メールアドレスまで要申込
E-mail: infodesk(at)endeavor.or.jp

CfSHEギャラリーでは、2016年7月2日(土)から2016年7月15日(金)まで、韓国出身でアメリカで活躍しているアーティスト、ユンミ ナムの個展を開催します。今回の展覧会の作品は、はかなさと永続が共存する空間を植物と人工物のイメージをメタファーとして、つかの間と永遠の両方の時間の感覚を表現しています。

作家略歴

1974年ソウル生、弘益大学校とロドーアイランド大学院で、ペインティングと版画部を卒業。2004年に長沢アートパーク水性多色摺り木版画プログラムに参加。また2012年に開設されたMI-LABアドバンス・アーティスト・プログラムに参加し、現在、アメリカ、日本、韓国、ドイツ、スコットランドなどで活発に展覧会活動を行うとともに、カンサス大学(米国)でペインティングと版画の教鞭をとっている。

Yoonmi Nam
Temporary Still Lifes

Sat. July 2nd, 2016 – Friday July 15th, 2016 (12:00~18:00)
Closed on Monday, Tuesday
Closing at 17:00 on the last day
Venue: CfSHE Gallery

Artist Talk and Reception
Date: July 2nd, 2016
Time: 18:00~18:45
Reception: 19:00~20:00
Entry: Free

To participate in the artist talk of this event, please e-mail infodesk@endeavor.or.jp
Location: CfSHE Gallery

CfSHE Gallery is pleased to present a solo exhibition of prints by Yoonmi Nam; A Korean artist and printmaker based in US. The exhibition features her recent works depicting of images of man-made environments and objects, and cut flower arrangements as metaphors to evoke a sense of time that is both fleeting and eternal. The exhibition runs from July 2nd.2016 to July 15th, 2016.

Artist’s Biography
Yoonmi Nam received a BFA degree from Hong-Ik University in Korea and an MFA degree from the Rhode Island School of Design in US. She participated in Nagasawa Art Park Artist-in-Residence program in 2004 and Mi-Lab Advanced program in 2012. Her work has been shown both nationally and internationally and she teaches printmaking and drawing at the University of Kansas, where she has been a faculty member since 2001.


IN BETWEEN 飯塚緑 AIR報告展

midori-iizuka

会  期  2016年3月2日[水]-3月6日[日]
開廊時間  12:00-18:00(最終日は17:00まで)/月火は休廊
会  場  CfSHE ANNEXギャラリー(入場無料)

作家在廊日:3〜6日
ギャラリートーク : 3月5日(土) 15:00-18:00
「Constellation Studios AIRでの制作体験」 参加無料 ※ 3月2日(水) までに下記メアドまで要申込
E-mail : infodesk@endeavor.or.jp

昨年10月にConstellation Studio(s アメリカネ/ブラスカ州)にてアーティスト イン レジデンス参加のため渡米 。1ヶ月の滞在にて制作された作品と A I R 報告展を開催致します。


北極圏

会  期  2015年12月4日[金]-12月13日[日]
開廊時間  12:00-18:00(最終日は17:00まで)/月火は休廊
会  場  CfSHE ANNEXギャラリー(入場無料)

CfSHEギャラリーでは 2015年の夏ノルウエーのレジデンスに招聘され、それぞれ1月ヵ間滞在制作し帰国をした, 片山高志(絵画)、南条嘉毅(絵画)、湯浅克俊(版画)の3名のグループ展を開催します。ノルウエー レジデンスの経験後の新作を紹介します。

Arctic Circle

Fri. December  4th, 2015 – Sun. December 13th, 2015 (12:00-18:00)
Closed on Monday, Tuesday
Closing at 17:00 on the last day.
Venue: CfSHE Gallery

Cfshe Gallery is pleased to present a three artists` group exhibition. Katsutoshi Yuasa (printmaking), Yoshitaka Nanjo (painting) and Takashi Katayama (painting) were invited to participate in artist- in- residence programs in Norway for summer 2015. They are going to show new works created after the residency.


 `Narrative Patterns`

会  期  2015年10月3日[土]-10月18日[日]
開廊時間  12:00-19:00(最終日は17:00まで)/月火は休廊
会  場  CfSHE ANNEXギャラリー(入場無料)

CfSHEギャラリーでは、2015年10月3日(土)から2015年10月18日(日)まで、米国・ニューヨーク 出身の木版画アーティスト、エープリル・ボルマー(April Vollmer)の個展を開催します。
エープリル・ボルマーは、2004年に長沢アートパーク水性多色摺り木版制作研修プログラムに参加。また2013年に開設されたMI-LABリサーチャー/ライタープログラムの最初の研究者として参加し、出版のための調査と執筆活動を行いました。2015年7月には水性木版画の技法書”Japanese Woodblock Print Workshop ”(洋書)がWatson-Guptillより出版されました。ボルマー氏が長年アメリカを中心に行ってきた水性木版画の指導経験を基に執筆しました。

作家略歴
1983年米国・ニューヨーク 市立大学 ハンター カー校 大学院 卒業、現在は米国の中心に展覧会や木版教室を開きながら、作家活動を行っています。


トム•タイス個展

Tom-pic-650px

会  期  2015年3月18日[水]-3月29日[日]
開廊時間  12:00-19:00(最終日は17:00まで)/月火は休廊
会  場  CfSHE ANNEXギャラリー(入場無料)

シ•エフ•シーギャラリー(CfSHE Galley) では、2015年3月18日(水)から2015年3月29日(日)まで、オランダ王国アムステルダム出身の木版画アーティスト、トム•タイスの個展を開催します。

トム•タイスは、長年リートヴェルト大学(アムステルダム)やロイヤルアカデミー(ハーグ)で版画学科の教授として勤め、近年はフルタイムの版画アーティストとしてヨーロッパを中心に活躍しています。欧米の油性木版画を専門とし、1999年に長沢アートパーク水性多色摺り木版制作研修プログラムに参加して以来、日本文化にインスピレーションを受けながら水性木版画の技法、素材、要素を取り入れ、ポップで且つ社会風刺も垣間見える独特の表現世界を追求して来ました。日本で2回目となる本個展では、2013年以降の新作とアーティストブックを展示します。

また今展は当ギャラリーが入居するアーツ千代田3331主催の「3331 Art Fair 2015 ‒Various Collectors’ Prizes‒」(2015年3月21日〜2015年3月29日)と同時開催します。当ギャラリーからは、トム•タイスの作品の他に、エヴァ•ピエッツカー(Eva Pietzcker)の水性木版画作品を出展します。

作家略歴
1945年 アムステルダム生まれ
1967年 アムステルダム リートヴェルト大学卒業
1975 – 2010年 アムステルダム リートヴェルト大学教授(版画科)
1993 – 2008年 ハーグ ローヤルアカデミー教授(版画科)
1999年に長沢アートパークアーティスト・イン・レジデンス水性木版画研修プログラムに参加。
2013年2月にCfSHE Galleryで個展。


2014

エヴァ•ピエッツカー展 「光のかたち」

画像(大)

会  期  2014年11月19日[水]-12月7日[日]
開廊時間  12:00-19:00(最終日は17:00まで)/月火、11月23日は休廊
12月4日(木)のみ21:00まで
会  場  CfSHE ANNEXギャラリー(入場無料)

CfSHEギャラリーでは、ドイツ人版画家、 エヴァ•ピエッツカー(Eva Pietzker) の個展「光のかたち」を開催します。山や水辺の景色に映る、やわらかい光と影の様相を、水性木版画によって表現された近年の作品を紹介します。

ピエッツカーはニュルンベルクアカデミー(Akademie der Bildenden Künste Nürnberg)で絵画を学び、ベルリン芸術大学(Hochschule der Künste Berlin)で「Art in Context」を専攻。1991年より、ベルリンを拠点にフリーランスの版画家として活躍。2003年に長沢アートパーク水性木版画研修に参加し、以来、水性木版画の研鑽を深めています。2012年には河口湖アーティスト•イン•レジデンス木版画ミッドキャリアープログラムに参加。2014年9月に開催された第2回国際木版画会議では、「Change in my work with Mokuhanga」というタイトルで、木版画との出会いや自身の表現活動について論旨発表を行いました。

馴染みのある自然の景色を抽象化し、水性木版画の特徴と和紙の風合いを活かして表現された作品は、見る人に何か記憶や物語を彷彿させます。海外で高く評価されているピエッツカーの日本初個展です。


ブレンダ•ペタイス木版画展

画像(大)

会  期  2014年10月22日[水]-11月9日[日]
開廊時間  12:00-19:00(最終日は17:00まで)/月火休廊
11月6日(木)のみ21:00まで
会  場  CfSHE ANNEXギャラリー(入場無料)

CfSHE ANNEX ギャラリーでは、カナダ人アーティスト、ブレンダ•ペタイスの個展を開催します。ブレンダはブリティッシュ・コロンビア州のカモーソン・カレッジで視覚芸術を教えており、ドローイング、写真、パフォーマンスといった分野で主観的、社会的、政治的環境におけるアイデンティティーと記憶をテーマにした作品を制作しています。

今年4月に富士河口湖町で国際木版画ラボ(MI-LAB)の水性木版画制作プログラムに参加し、未知の表現技法にチャレンジしました。8月には第2回国際木版画会議の関連企画としてカナダ大使館高円宮ギャラリーで開催されたInteractionsーカナダ日本木版画展に、水性木版画を8点、出展。MI-LABレジデンスで学んだ技法とブレンダ独自の表現世界が一つになり、高い評価を得ました。本展ではカナダ大使館で紹介された作品を中心に、河口湖でのブレンダのパフォーマンスの写真も紹介します。ブレンダの世界をお楽しみください。


繪畑彩子 個展 — あなたにしか見えない

プリント

会  期  2014年10月1日[水]-10月12日[日]
開廊時間  12:00-19:00(最終日は17:00まで)/月火休廊
10月2日(木)のみ21:00まで
会  場  CfSHE ANNEXギャラリー(入場無料)

「絵は、心の鏡だとよく言われます。描く側の心情を映し出すといった意味で本来は使われますが、観る側もその時の心情によって、同じ絵が面白くも哀しくも映るように思います。」 繪畑彩子

CfSHE Annex ギャラリーでは、繪畑彩子の個展、「あなたにしか見えない」を開催します。繪畑はこれまで、様々な生き物やキャラクターを消しゴムはんこに彫り、それらを構成し、作品発表してきました。本展でも、一見抽象絵画のようで、 ユーモアと色々な物語が含蓄する作品を紹介します。

繪畑彩子は1985年、茨城県生まれ。2009年に東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業。現在は東京にアトリエを構え、絵画教室を開きながら、作家活動を行っています。


ふたり展

レイアウト_fix02

会  期  2014年5月23日[金]-6月8日[日]
開廊時間  12:00-19:00(最終日は17:00まで)/月火休廊
会  場  CfSHE ANNEXギャラリー(入場無料)

出展作家

エイドリアン•ケレット
2002年 Victorian College of the Arts(メルボルン)大学院卒業。2006年兵庫県長沢アートパークAIR、2009年米国タマリンドAIRにレジデンスアーティストとして参加。現在、VCA校で版画を指導。リト、銅版、シルクなど様々なメディアを使う。

尾崎ユタカ
1980年東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻。長年、銅版画の研鑽に努め、細密で高度な技法を駆使し、静かな極小の世界を描く。2002年モントリオールミニュアチュール版画ビエンナーレ展最高賞受賞。


2013

東京木版倶楽部

tokyo_mokuhan425+300

会  期  2013年7月19日[金]-7月31日[水]
開廊時間  12:00-19:00(最終日は17:00まで)/月火休廊
会  場  CfSHE ANNEXギャラリー(入場無料)

*レセプション 2013年7月21日[日] 17:00~ / CfSHE ANNEX ギャラリー

出展作家
繪畑彩子、瀧将仁、宮寺雷太、湯浅克俊、吉田潤


木板ルネサンス

Mokuhan Renassance

会  期  2013年6月14日[金]-6月23日[日]
開廊時間  12:00-19:00(最終日は17:00まで)/月火休廊
会  場  CfSHE ANNEXギャラリー(入場無料)

出展作家
三井田 盛一郎、梅村 圭、酒井 一樹、渡辺 万莉奈、渡部 智子、王 木易、ニエト・アルベルト、山﨑 慧


2012

20 ARTSTS 20 VIEWS: from International Mokuhanga Conference 2011

20a20v_45++

会  期  2013年3月22日[金]-4月14日[木]
開廊時間  12:00-19:00(最終日は17:00まで)/月火休廊
会  場  CfSHE ANNEXギャラリー(入場無料)
主  催  産業人文学研究所

キューレーション:メリッサ・シューレンベルグ(セント・ローレンス大学 准教授)

3.11の大震災と原発事故のわずか3か月後に、国際木版画会議が京都と淡路で開催され、22か国120名を超える水性木版画のアーティスト、指導者、研究者、素材メーカーなどの専門家が一堂に集まりました。論旨の発表、水性木版画展、実演、ワークショップなど5日間に渡り、ホットで多様な意見交換が持たれました。

会議に参加したセント・ローレンス大学のM.A.シューレンベルグ准教授は、精力的に展覧の会場を見て回り、20名の版画作家を選び、「20 Artists 20 Views」という版画作品集をつくりました。

本展では、「20 Artists 20 Views」の展示と2011年の第1回国際木版画会議、2014年に開催する第2回国際木版画会議(東京藝大)の活動もあわせてご紹介致します。

また、アメリカ、ST.ローレンス大学でも同時開催しております。詳細は下記リンク先をご覧ください。
ST.ローレンス大学The Richard F. Bruch Art Gallery
Mokuhanga Prints: Riding the Great Wave


トム・タイス木版画展

会  期  2013年2月14日[木]-2月24日[日]
開廊時間  12:00-19:00(最終日は17:00まで)/月火休廊
会  場  CfSHE ANNEXギャラリー(入場無料)
主  催  産業人文学研究所
後  援  オランダ王国大使館

Thijsse


 2011

The Four Artists Preview Exhibition

exhibition201203