概要

fuji2gardent_woodprintingitem_02

About Us

国際木版画ラボは、富士山麓の河口湖畔沿いに、2012年、水性木版画の普及活動を目指し滞在型の制作研修スタジオを開所しました。

スタジオ制作プログラムに参加するアーティストたちは、水性木版画の技法や素材、表現を研鑽しながら、滞在生活を通して地元、 富士河口湖の伝統文化や、同宿のアーティストの異なる文化や価値観などの理解も深めます。

2017年には、普及活動満20年の節目を迎え、また同年にキプロス、ハワイ、東京にて開催されました「国際化する木版画」展の折に活動をまとめたリーフレットをリリースいたしました。門田けい子へのオマージュにもなっています。

PDF版を下記リンクよりご覧いただけます。

国際化する木版画 長沢アートパークと国際木版画ラボ20年のあゆみ

thumb_air2015

*訂正:下記データが欠落しておりました。訂正してお詫び申し上げます。
 P.17「木版画で博士号を取得した方々」(追加)Elisabet Alsos Strand (Norway, PhD in Poland)